2012年05月06日

海外の反応 飯島真理 「愛・おぼえていますか」 超時空要塞マクロス(1984年)

SDF Macross - Do You Remember Love [HD]
http://www.youtube.com/watch?v=wckZcVFLU24


アメリカ合衆国(35歳)
これはアニメ界の国歌なんだ!
 
アメリカ合衆国(47歳)
このビデオ、そう昔じゃない時期に買ったんだが、日本語バージョンのものなんだ。誰かこの映画の英語字幕付きのバージョンを教えてくれないか?
 
アメリカ合衆国(40歳)
(上記のコメントに対して)
このビデオには2つの英語字幕付きのバージョンがあるんだ。
ひとつは「超時空要塞のクラッシュ」と呼ばれている、恐ろしいほど最悪の英訳版のものだ。しかし、もうひとつのものは映画の精神から逸脱していない、本当にいいものだ。
だから、間違っても一つ目のビデオを買わないようにすることだ。
 
アメリカ合衆国(47歳)
(上記のコメントに対して)
オー、了解した。ありがとう。君の説明はとても役に立つ。
 
香港(31歳)
これはパーフェクトだ!!!
パーフェクトのクオリティだ!!!
 
アメリカ合衆国(22歳)
この曲のタイトル、「Do You Remember Love」ってなっているけど、実際、日本語では何て言うの?
 
フィリピン(26歳)
(上記のコメントに対して)
この曲の名前は「Ai Oboete Imasu Ka」です。
 
アメリカ合衆国(41歳)
これ、何度も何度も見てしまったんだが、まだ、見足りないような・・・。
 
不明
マクロスのこの部分を見ると、いつも絶対涙が出てくるんだ。
 
アメリカ合衆国(27歳)
(上記のコメントに対して)
君と私は友達だ。私も君と全く同じだ。そして、毎回同じところで笑顔になれる。
 
アメリカ合衆国(32歳)
昨日、この映画、もう一度、久しぶりに見てみました。
懐かし〜 :) (ここは日本語)
 
アメリカ合衆国(25歳)
子供時代の思い出がよみがえってくる・・・。
 
ジンバブエ
愛、おぼえていますか?
イエス、アイ、ドゥ、リン・ミンメイ!
 
マレーシア(35歳)
マクロスを見たのは子供の頃だった・・・。
最高だった!
 
アメリカ合衆国(25歳)
この曲は大好きなんだ。
MP3プレイヤーに入れて持っているんだ。
 
フィリピン
私はよくわからないんだが・・・。
何でこんな壮大な宇宙戦争の真っ最中に、コンサートで歌っているんでしょう?
 
メキシコ(31歳)
(上記のコメントに対して)
アニメを見てください!
すごく、お薦めします!
 
インドネシア(20歳)
このシリーズをもう一度見てみたい。
思い出がよみがえってくる。
 
カナダ(50歳)
ワオ!忘れていた多くの思い出がよみがえる。
これをテレビで見ていた時を覚えています。
いい音楽というものは、時間の経過とともにさらに良くなるものだ。
 
カナダ(26歳)
多分、これは、アニメの歴史上、最高の瞬間のひとつだと思う。
 
アルゼンチン(30歳)
(上記のコメントに対して)
全く同意します。
 
アメリカ合衆国(26歳)
あんまり、美しいので、涙が出てきました。
アップしてくれてありがとう。
 
アメリカ合衆国
この歌を聞くといつも鳥肌が立つように、ゾクゾクっとします。
この曲が大好きです!
この曲と彼女の声が大好きです!
 
アメリカ合衆国
(上記のコメントに対して)
私もだ!
いつも涙が滲んでくる・・・。
 
カナダ
この曲ひとつで・・・。
これが戦争を終わらせる方法です。


海外の反応 Puffy AmiYumi in USA
(パフィー 大貫亜美 吉村由美)
海外の反応 麻丘めぐみ 「わたしの彼は左きき」
(Megumi Asaoka - Watashi no Kare wa Hidarikiki)
海外の反応 ピンク・レディー ペッパー警部 2004年
(&モーニング娘。)
海外の反応 飯島真理 「愛・おぼえていますか」
超時空要塞マクロス(1984年)
海外の反応 日本の伝統邦楽 女性バンド「Rin'/凛(りん)」(東京芸大/吉永真奈 長須与佳 新井智恵)
海外の反応 AKB48 桜の花びらたち ダンスカバー
(Sakura no Hanabiratachi)
海外の反応 ヘビーローテーション/ダンスカバー
超セクシー!(AKB48 Heavy Rotation Dance Cover)
海外の反応 支那の夜 美空ひばり
/朝鮮戦争 米軍愛唱歌(China Nights)
海外の反応 九州新幹線 開業CM 九州縦断 38分版
(泣いても元気になれる!)

posted by 虚空に踊らん at 23:58| Comment(56) | J-ポップ・日本の楽曲
この記事へのコメント
>この曲ひとつで・・・。
>これが戦争を終わらせる方法です。

はたしてビン・ラディンやフセインに聴かせて戦争が終わったかどうかはわからんが
Posted by at 2012年05月05日 04:45
テレビ版のリン・ミンメイは醜悪なビッチだったよね
劇場版でかなり改善されたけど、あれってマクロスの世界での劇中劇なんだよね
輸出されてタイトルどころか内容もめちゃくちゃになったロボテックは・・・
Posted by at 2012年05月05日 04:48
ロボテックはクソだろ。
一昔前まで、アニメにしろ戦隊ヒーローにしろ、日本の物を欧米に輸出する時は大幅に手を加えられて全くの別物になってしまうのは当たり前だった。
トランスフォーマーはそれで成功した数少ない奇跡だの逸品。
ナウシカは酷かった。編集のし過ぎで主題が全然伝わらない駄作と化した。
Posted by at 2012年05月05日 05:11
マクロスシリーズは全作品劇中劇って設定なんだっけ
上手いこと考えるよなぁ
Posted by at 2012年05月05日 05:17
武力による制圧でなく、アニメやアニソンという「ソフトパワー」で世界の心を共感させたという意味でマクロスは数十年先を行っていた。1970年頃のベトナム戦争に強く影響されてる作品で「反戦運動」や「メカデザ」や飽和攻撃やなども当時の時代の名残が見て取れる。ヒロインが台湾系ぽく西側陣営と共産陣営を揺り動かすと言った揶揄も面白いと思うよ。
Posted by ぬるぽ at 2012年05月05日 05:58
アメリカ人と韓国人は根本は同じ。
文化泥棒したいけど正義に対して強迫観念、
つまり実際は正義感ないけど強烈に意識することで、
なんとか自分達の正義を維持している(できてないのもあるけど)のがアメリカで、
正義感ないのが韓国人な違いだけ。
Posted by at 2012年05月05日 06:10
飯島真理の連載コラムが産経新聞で連載されていたときによんでましたよ
Posted by at 2012年05月05日 06:56
歌で戦争終わらせるとか一見ロマンティック()だけどこんなん現実にやられたらいやですわ。
Posted by at 2012年05月05日 07:29
ミンメイは結局行方不明なんだっけか
やっぱ手の届かないアイドルより一緒にサバイバルしたツンデレ年上上司だよな
Posted by at 2012年05月05日 07:43
歌ってる本人は黒歴史らしいけどな
まあ、フリフリドレス着てベストテンで歌わされたからしゃーないけど
Posted by at 2012年05月05日 08:00
もう2012な件についてw

俺もマクロスの中ではこの場面が最高だったと思う
Posted by at 2012年05月05日 09:00
TV版を再放送で数年前に見たが、ひどい回とすごい回の落差が大きいシリーズだったな。
ひどい:すごい=8:2くらいだった。
Posted by   at 2012年05月05日 10:08
主人公の相方さんの中の人は後に自殺してるし、
飯島嬢だけじゃなく関係者だったらすべからく黒歴史だと思うよ。
放映権をあの「ロボテック」の会社に売り渡してしまったから、もうオリジナルは表に出る事は無いしね。
唯一、この映画だけは日本国内でもセーフなのが救いだな。
Posted by at 2012年05月05日 10:25
マクロスは「愛は流れる」で最終話にすべきだったんだよ
そのあとがつまらなすぎたよ
Posted by at 2012年05月05日 10:28
ミンメイより未沙を選んだ輝は神
フローラよりビアンカを選ぶ感覚
Posted by   at 2012年05月05日 10:35
アニメ版も映画版も
役者が演じてるという設定ですよ
両方とも史実ではない
Posted by 名無し at 2012年05月05日 10:57
現実的に、歌で戦争が終わるとは思わない。
でも、戦争回避は、互いの文化理解から始まる。
というテーマのアニメは偉大だと思うよ。
また、互いの文化を理解し合っていない
段階での、無理な友好は摩擦を生むだけだとも思う。
理解し合えるまでは、互いの距離感が重要なんだろうな。
Posted by     at 2012年05月05日 11:16
歌で戦いが止められるなら、ジョンレノンは聖人の仲間入り。
Posted by at 2012年05月05日 12:08
TV版マクロス27話「愛は流れる」は今で言えば神回を超越した超神回。視聴後TVの前で動けなくなったのを覚えてるわ。当時放送されててたアニメのクオリティーからは考えられんレベルの出来だった。
Posted by at 2012年05月05日 12:50
劇場版:史実をもとにした映画作品
TV版:史実をもとにしたTVドラマ作品
だった気がする。
史実に近いのはドラマのほうだったとかなんとか・・・
Posted by at 2012年05月05日 13:01
デタカルチャー‼
マクロスはこれしか観たことないんだけど、最近やってたのとか面白いの?
Posted by at 2012年05月05日 14:05
生で見てた世代ですけど
TV版は別格として劇場版、OVA(劇場版)マクロスプラスは見ておくべきです
セルの手書きのマクロスの中で一番だと思います
後は割とどうでもいいですが
マクロスフロンティアはCGの戦闘とメカの描写はうならせるものがあります
Posted by at 2012年05月05日 15:03
飯島真理にとって現在はマクロスは黒歴史ではなくなっているよ。現実にマクロス関連の仕事をしているし。
Posted by at 2012年05月05日 15:04
反転されてますけどYouTubeで劇場版マクロスと劇場版マクロスプラスが高画質で見ることができますよ
たぶんゼロとかも探せばあると思います
Posted by at 2012年05月05日 15:11
まあ初めから文化を与えられてなかった戦闘用クローン相手だから
歌の効果が絶大だったってことだろね
その辺はスタッフも承知の上だったでしょ
TV版の最後の方でカムジンがミンメイに対して「お前の歌なんてもう効かねえよ」みたいなセリフ言ってたし
ただ「愛は流れる」やった後でそれはねえよと思う
Posted by at 2012年05月05日 16:17
たしか劇中歌は途中で終わっているモノばかりで最後まで作曲されているモノがほとんどなかったんだって。
だから飯島真理さんがコンサートで歌うときも全部歌うことができなくて、作曲家も続きを作ってくれなくて、つらくてアメリカに渡ったんだって聞いたよ。
当時はアニメの歌はそんな扱いだったんだね。今とは大違い。だから飯島さんも今は日本で仕事してるんじゃあないかな。
Posted by 太郎 at 2012年05月05日 16:42
これを見てると改めて日本ってのは母系社会なんだと思った
Posted by ぷー at 2012年05月05日 16:45
今だとミクを流しながら他国家に突撃するイメージだな
Posted by at 2012年05月05日 17:04
ミンメイが悪く言われることが多いけど、
実際はつきあい始めた相手が掠われてる間におばさんに鞍替えした輝の方が酷いっていう
Posted by at 2012年05月05日 17:43
歌で戦争は終わらないとか真面目にコメント返すなよw

ずっと昔から思ってたんだよ
ミンメイってきくとめんまっぽいなって・・
Posted by at 2012年05月05日 20:19
缶チューハイの落書きと首ちょんぱが無ければ最高だった。
Posted by   at 2012年05月05日 21:39
歌で戦争が終わらない?
ちゃんと元ネタはあるんですよ
Posted by at 2012年05月05日 23:37
数年ぶりに見たけど、相変わらず描き込みが半端ないなw
これとAKIRAが80年代の変態作画の2大巨頭。
Posted by at 2012年05月06日 00:16
>飯島本人は黒歴史だと思ってる〜
まだこういう事いってる奴いるんだな。

普通にマクロスの記念イベントに何度も出てくれてるし
そもそも、10年以上前のマクロス7の時点でヒロイン役の声優と
飯島はミンメイとしてデュエットをした歌のCDも出してくれたのに・・・
Posted by   at 2012年05月06日 06:44
日本もアニメでやったんだよね。
ディズニーやトムとジェリーしかない世界に衝撃をもたらした。
Posted by とんら at 2012年05月06日 07:05
しかしボドルザー可哀想、寝返るチャンスくらいやれよ。とか思ったおれだけナンかな。
悪役が殺されて物語が終わるのは分かるんだが。
Posted by at 2012年05月06日 08:48
ボドルザーが寝返ったら無茶苦茶心強い味方だなw
Posted by at 2012年05月06日 10:26
まぁリリー・マルレーンの例があるからなぁ。
戦争を終わらせたわけじゃないが、戦闘は停止させた・・・と言われている。
Posted by at 2012年05月06日 19:31
「愛おぼ」はOPの反応弾一斉射撃からの空中?サーカスと
ラストの総力戦が燃えるが柿崎撃墜シーンには遠く及ばない・・
Posted by at 2012年05月06日 20:58
なぜこの作画から正統進化できなかったんだろう・・・
今の塗り絵作画とは段違いだな
Posted by at 2012年05月07日 00:42
映画のマーズアタックで火星人の弱点が歌とか・・
おいおいって感じだったな
Posted by at 2012年05月07日 08:04
銃砲弾飛び交う戦場で晴れやかに歌うアイドルとヘブン状態の兵士・・・

今見るとシュールだな
当時は何十回と見返したもんだが

Posted by at 2012年05月07日 12:02
TVシリーズは日曜の中途半端な時間にやってたからよく見逃したわ
だからこれはワイがビデオのタイマー予約を使った初めての番組なんや
Posted by at 2012年05月07日 12:03
文化が戦争を終わらせるってのは現実でも起こりつつあるんだよな
中東ゲリラが日本のたけし城見て「日本はこんな楽しそうなのに俺達ときたら…」ってぼやいてるとかw
Posted by at 2012年05月07日 16:52
>>飯島本人は黒歴史だと思ってる〜
>まだこういう事いってる奴いるんだな。

>普通にマクロスの記念イベントに何度も出てくれ>てるし
>そもそも、10年以上前のマクロス7の時点でヒロイ>ン役の声優と
>飯島はミンメイとしてデュエットをした歌のCDも>出してくれたのに・・・

してくれたとかどれだけ卑屈なんだよ。
単にプロとしての意識は高いって事だろう。
ただ、アニメのオタクっぽさとかは辟易してたらしいよ。あと水着の食い込みを直すシーンとかにドン引きしたとかね。本人は仕事の評価としては歯切れが悪いのは事実だよ。
Posted by at 2012年05月09日 00:27
TVシリーズの序盤て異常に絵がヘタだった記憶がある。
途中からはまあ見られるようになっていったけど。
Posted by at 2012年05月09日 10:58
ランカの方が歌上手いね
Posted by ステマどかステマギカ at 2012年05月10日 02:31
この頃のテレビアニメは、だいたい4〜5回に1回ぐらいしか、作画の良い回はなかった。
例えば初代マクロスだと、美樹本・板野の回と、平野の回くらいしか、見られる作画じゃなかった。
特にスタジオジャイアンツの作画の回だと、美沙の顔そのものが変わっちまった。特に白目が。
あの頃は、テレビシリーズなんて、そんな物だと思って見てたけどね。
脳内補正で、何とでもなったから。
Posted by とんら at 2012年05月10日 20:50
この反応見たかった!
管理人さんありがとうございます
Posted by at 2012年05月11日 14:37
最初の頃はキャラがまんまタツノコプロの絵で変だったね
キービジュアルの美樹本絵にまったくついていけてなかった
Posted by at 2012年05月14日 14:16
以前ビデオセンターでマクロス英語版を借りてきたことがあるけど訳がめちゃくちゃ当時のアメリカ人の日本アニメに対するいいかげんさを思い知らされた
Posted by 名無し at 2012年07月24日 20:53
>ランカの方が歌上手い
そりゃそうだろ
先人を踏み台にして進化して行くのだから
歌を主題に置いたドラマで、何十年も前の作品より下手な歌い手を採用なんて有り得ない
飯嶋の歌が「下手」だとは思わないが、少なくとも劇中歌が、昨今流行の歌謡曲と合わないのは否めない
しかし、それは「感覚が合わない」だけに過ぎず、即「下手だ」と裁定して・・・
あああ!もおいい!
兎に角、ランカが誕生出来たのは偉大な先人の一歩のお陰だと理解して、口を慎め
Posted by at 2012年08月28日 11:15
小さい頃に一・二話連結回をお好み焼き屋さんの油まみれになったブラウン管TVで観たわ。
第一話のアームド2隻が戦っているシーンで今で言うところの脳汁が出たのを覚えてる。
宇宙戦艦ヤマトまみれだったからか音楽が良くないと絵だけではアニメは観れなかった。この点もヤマト以上にハマってBGMのテープを買ったな。
今はアニメはあまり観なくなったけど、時折あの小さなミサイルの群れだけは夢の中に出てきたりする。
Posted by at 2012年08月28日 11:29
飯島真理のことをもう少し調べようね。
彼女はシンガーソングライターで
いくつもの素敵な曲をつくっている。
エンディングの「天使の絵の具」とか。
わくわく動物ランドENDINGだった、「1グラムの幸福」とか。
PCゲーム、ギャラクシーエンジェル1作目の「エターナルラブ」とか。
Posted by at 2012年08月28日 13:57
かのんバージョンもいいよ
Posted by at 2012年08月28日 13:58
今のようなきなくさいときこそ、中英韓語の訳をつけて若者・将兵、そして政治家、資本家に聞かせたい。
分かり合えるというメッセージ。素晴らしい。
Posted by at 2014年05月25日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]