2010年05月05日

第二次大戦 ドイツの侵攻状況推移図

World War II(作成アフガニスタン)
http://www.youtube.com/watch?v=lm5SxG68KSM


ルクセンブルグ(26歳)
この種のTouTubeでの動画の中では最高のものだ。
アップしてくれてありがとう。
ひとつだけ難点を言えば、史実では、アメリカよりも先にロシアがベルリンに侵入している。この地図では、まるで我々の方がベルリンを占領したように見える。
 
イスラエル(31歳)
素晴らしいアニメーションだ!
いくつか不足している事を付け加えると、ロシアは1939年にフィンランドに侵攻している。これがフィンランドとドイツの同盟の要因となっている。また、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、クロアチア、スロバキアはドイツと同盟している。旗を立てるか、カラーリングすべきだと思う。


訳者注
フィンランドとソ連の戦いは「冬戦争」と呼ばれるものです。(1939年11月30日〜1940年3月13日)
この後、1941年6月から枢軸国として戦闘を再開。これはドイツのソ連侵攻の時です。
 
エストニア(25歳)
私には重大なミスがあるように思える。ソ連によるバルト諸国の占領と冬戦争が完全に抜けている。


訳者注
ソ連は冬戦争と同時期の1940年に、バルト三国のエストニア、ラトビア、リトアニアを併合。
 
アメリカ合衆国(20歳)
ヒトラーの最大のミスはロシアに侵攻したことだ。これは彼の終焉を意味してしまった。
 
不明
(上記のコメントに対して)
もし、ヒトラーが最初に攻撃しなかったとしても、スターリンがそれをやっていただろう。
 
ハンガリー
これは非常に良く出来ています。作成した人を尊敬します。
でも、ハンガリーの第2次大戦における領土の修正を忘れています。
 
キプロス(35歳)
素晴らしいアニメーションです。
しかし、西部戦線に焦点を当て過ぎているように思えます。東部戦線がかなり静か過ぎるような気がします。
 
アメリカ合衆国(31歳/多分、ドイツ系)
アメリカ、イギリス、フランスが第2次大戦を始めた。
 
ポーランド
(上記のコメントに対して)
違う。ソ連、イギリス、フランス、そしてドイツが第2次大戦を始めた。
 
アメリカ合衆国(22歳)
(上記のコメントに対して)
違うだろ!始めたのはドイツだ!
 
ポーランド
(上記のコメントに対して)
イギリス、フランスは我々を見捨てた。我々は決して忘れていない!
 
アメリカ合衆国(40歳)
面白い!!
このマップ気に入りました。
 
クロアチア(25歳)
1941年に、ユーゴスラビアがクロアチアとセルビアに分割されたことを忘れている。


訳者注
クロアチアはドイツの支援で独立。セルビアは亡命政府を作ってこれに対抗。有名なパルチザンはこのセルビア側の勢力。
 
モルドバ
ハンガリーはルーマニアからトランシルヴァニア地方のかなりの部分を掠め取った。


訳者注
モルドバはルーマニアの東隣り、ルーマニアと言語、文化はほぼ同一。トランシルヴァニアはルーマニア中部・北西部の地名。
 
クロアチア(上とは別の人)
(上記のコメントに対して)
それは違う。ハンガリーはルーマニアなんか攻撃していない。
 
モルドバ
(上記のコメントに対して)
確かに攻撃はしていない。しかし、盗んだことには違いない。
ヒトラーとムッソリーニはルーマニアに対して、ハンガリーにトランシルヴァニアの大部分を与えるよう強要した。
だから、ハンガリーはドイツと同盟したのだ。
 
クロアチア
(上記のコメントに対して)
ルーマニアも同盟しているだろう。それに、これにはルーマニアも同意している。
もし、第2次大戦において、ハンガリーがトランシルヴァニアの一部を盗んだと言うのであれば、これは、第1次大戦の時にルーマニアが占領してしまったものを返してもらったということだ。
 
アメリカ合衆国
もし、次の戦争があるならば、我々はスイスに侵攻し、全ての銀行家を消滅させなければならない。その方が戦争よりもはるかに利益になる。
 
アメリカ合衆国(34歳)
ドイツ軍が精鋭であった事は認めるが、ソ連には大量の戦車と大兵力があった。戦場での勝利の神はドイツには味方しなかった。
 
ポーランド
「1:07」、フランスが戦ったなんて言わないでほしい・・・。
 
フランス(27歳)
(上記のコメントに対して)
1940年5月から6月にかけての防衛戦で、フランス軍は約10万の兵士が戦死した。しかし、ドイツ空軍も1000機程度は撃墜されている。これは通常、戦いと呼ばれるものだろう。たとえ、フランスがこの戦いで敗れたとしてもだ。


訳者注
ドイツ側兵力
兵員335万人
野戦砲7,378門
戦車2,445両
航空機5,638機

損害
戦死2万7074人
戦傷11万人
行方不明者1万8384人
戦車・装甲車753両
航空機1,236機


英仏側兵力
兵員330万人
野戦砲13,974門
戦車3,384両
航空機2,935機

損害
戦死・戦傷36万人
捕虜190万人
戦車・装甲車5,100両
航空機2,000機

by Wikipedia
 
アメリカ合衆国(22歳)
もし、ヒトラーがロシアを攻撃していなかったら・・・
そして、もし、日本がアメリカを攻撃していなかったら・・・。
その時点で、ヨーロッパはナチのものになっていたと思う。
全てはそれにかかっていたのだ。
 
オーストリア
(上記のコメントに対して)
もし、ドイツのロシア侵攻と同時に、日本がロシアを攻撃していたら(ドイツはこれを望んでいた)、ヨーロッパはナチのものになっていただろう。


訳者注
これは不可能であったと思います。日本側としては、ドイツがソ連と不可侵条約を結んだときに唖然とし、さらにソ連侵攻で再度唖然としてしまったというのが実情です。
やりたいけど、不可能だからやらなかったが、正しいかな・・・。
 
クロアチア
「2:03」がドイツの最大勢力範囲だ!
 
ブルガリア(21歳)
これはちょっとおかしい!!!
それに、ハンガリー、ブルガリア、ルーマニアはドイツの同盟国だ。
 
アメリカ合衆国
(上記のコメントに対して)
それらの国はドイツの同盟国として表示されているだろ。
 
ベルギー(36歳)
よく出来ているが、北アフリカ戦線を省略し過ぎている・・・。
ロンメル・・・。
 
シンガポール(24歳)
ヒトラーは何故スペインを征服しなかったのでしょう?
 
スロベニア(28歳)
(上記のコメントに対して)
ヒトラーはスペインがドイツ側として戦うことを望んでいたが、スペインは戦争に参加するつもりは全くありませんでした。
と言っても、スペインはドイツよりでしたので、侵攻する理由が全くなかった訳です。
 
イギリス(21歳)
(同じく上記のコメントに対して)
少し、違うかな。
スペインは内戦が終結したばかりで、ヒトラーはスペインを役に立たないと考えていた。
それにヒトラーは彼の得ることが出来る全ての資源を欲していた。また、彼はすでに3方面に戦線を拡大していたというがポイントだ。
 
ロシア(34歳)
(同じく上記のコメントに対して)
なぜなら、スペインは十分、ドイツの役に立っていたし、当時、スペインとドイツは友人同士であったからだ。


ヒトラーの遺言
1945年2月4日〜1945年4月2日

新品

ヒトラーの遺言
1945年2月4日〜1945年4月2日

中古本

我々にとって日本は、いかなる時でも友人であり、そして盟邦でいてくれるであろう。この戦争の中で我々は、日本を高く評価するとともに、いよいよますます尊敬することを学んだ。この共同の戦いを通して、日本と我々との関係は更に密接な、そして堅固なものとなるであろう。日本がただちに、我々とともに対ソビエト戦に介入してくれなかったのは、確かに残念なことである。それが実現していたならば、スターリンの軍隊は、今この瞬間にブレスラウを包囲してはいなかったであろうし、ソビエト軍はブダペストには来ていなかったであろう。我々両国は共同して、1941年の冬がくる前にボルシェビズムを殲滅していたであろうから、ルーズベルトとしては、これらの敵国(ドイツと日本)と事を構えないように気をつけることは容易ではなかったであろう。

他面において人々は、既に1940年に、すなわちフランスが敗北した直後に、日本がシンガポールを占領しなかったことを残念に思うだろう。合衆国は、大統領選挙の真っ最中だったために、事を起こすことは不可能であった。その当時にも、この戦争の転機は存在していたのである。さもあらばあれ、我々と日本との運命共同体は存続するであろう。我々は一緒に勝つか、それとも、ともどもに亡ぶかである。運命がまず我々(ドイツ)を殲滅してしまうとすれば、ロシア人がアジア人の連帯という神話を日本に対して今後も長く堅持するであろうとは、私にはまず考えられない。
(1945年2月18日)

海外の反応 過去1000年間における世界の戦争
(1000 year of war through the world)
海外の反応 世界史における全帝国 勢力範囲一覧
(All great empires in the world)
海外の反応 こんぴらふねふね/お座敷遊び
(京都宮川町 and 君香さん)
海外の反応 アメリカ第7艦隊(U.S. 7th Fleet)
海外の反応 リリー・マルレーン マレーネ・ディートリッヒ/
飯島真理(ドイツ軍カラー映像にのせて)
海外の反応 映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六」予告編
(2011年12月公開)
海外の反応 舞妓 in タイ
(The Legend of Maiko in Bangkok Thailand)
海外の反応 上杉謙信/長尾景虎
(Gackt 作成ハンガリー/女性)
海外の反応 加藤隼戦闘隊(一式戦闘機 隼/1944年東宝)
海外の反応 新選組 池田屋事件
(1864年7月8日/元治元年6月5日)
海外の反応 第二次大戦の戦闘機 Top 10 パート2
(作成コロンビア)
海外の反応 世界の美しい国歌 TOP 6
(Top 6 most beautiful National Anthems of the word)

posted by 虚空に踊らん at 23:58| Comment(42) | 整理棚
この記事へのコメント
地政学じゃないけど、こうしてみるとドイツてつくづく戦争に不利な場所に位置してるよね
戦争は大体敵に包囲されると負けなんだけど、
ドイツは最初から既に包囲されているw
東部と西部の戦線に常に兵力を分担させなければならない
Posted by   at 2012年05月03日 10:37
実際フランスとソ連はみょーな仲良しだしねぇ
Posted by はいめん at 2012年05月03日 11:47
普段から囲まれてるから平時でも難に巻き込まれる確率が高い
現代でもかわいそうなままだ
Posted by あなら at 2012年05月03日 12:21
ドイツ→敗戦、脱落。元々の領地が半分社会主義化、得るものなし
イギリス→戦争には勝つもアメリカを味方にする際に敵に回した日本に香港などの要塞を取られて大英帝国が倒れ、ヨーロッパの一島国に。脱落
日本→戦争に負け、本土も焼け野原になり脱落するも、アジアを開放し差別主義戦争に勝つなど、戦争目的は達成。
アメリカ→戦争に勝ち戦略的な痛手も無し、決勝戦(冷戦)へ
ソ連→多大な犠牲者を出したが、ヨーロッパを半分支配するまで領土が広がる。決勝戦へ

なんとなくまとめてみた
世界史はよく知らんけど、こんな感じか
にしてもドイツの最初の破竹の勢いはすげーな
Posted by at 2012年05月03日 15:08
ドイツは大国に囲まれている上に、要害となる天然地形が乏しい。
多数の国と同時に戦うという時点で、政治的、外交的失敗だ。
そしてクラウゼヴィッツ曰わく「戦争はその他の手段を以て継続する政治の延長である」。
政治的に敵を作りすぎた時点で、その延長である戦争においてもドイツは負けていた。
ビスマルクも多正面戦争は絶対に許さなかったからな。

日本の対ソ参戦はどうなっていたかな。
泥沼になりそうだな。
まあ、どっちにしろ中立条約がある時点で侵攻はあり得ないし、事実なかった。
訳者注で日本は独ソ不可侵条約締結とその破棄で唖然としたとあるが、その後ソ連による日ソ中立条約破棄で再び唖然としている。
日英同盟から日米同盟まで、日本は同盟条約や不可侵条約の類に律義すぎるんじゃないか。
Posted by at 2012年05月03日 15:09
日本はソ連と結んだ不可侵条約をしっかり守ってた。ドイツが不可侵条約結んでいながら、いきなりソ連進行始めたのも日本には予想外だったし。だけどソ連は戦争末期にアメリカに唆され、条約を破って日本に進行してきた。
日本人がロシアを今も憎んでるのは日本人に食べ物もあげず働かせた挙げ句、何万人も餓死させたから。ロシアから北朝鮮に送られた何千万の日本人も奴隷のように扱われ殺された。今もその遺骨は戻ってきていない。シベリアから戻ってきた元日本兵の番組が前やってたけど、凍傷した指は全て切断されてたりシベリアに居る時はタオルを唾液と絡めながら吸って生きていたと言っていた。骨が浮き出てガリガリの仲間が餓死していくのを見ているしかなかった。
Posted by at 2012年05月03日 15:17
当時の日本も関特演をやってソ連を牽制したそうですけど、日本にはソ連に侵攻するだけの力はないと判断した模様。
Posted by at 2012年05月03日 15:20
そもそもドイツと日本が組んだのはアカを押さえ込むためだったんじゃなかったっけ
実際シナ大陸に入り込んでた共産主義を排除しようとしてたし
だから多分ドイツと戦争してたイギリスがアメリカ呼んで来ずに講和してたなら、ソ連を日独で挟み撃ちにしてたと思う
それが大英帝国にとっても最善だったと思うんだがな
Posted by at 2012年05月03日 15:37
※15:17

俺の高校の頃の担任は、父親が終戦時に満州にいて、シベリアに抑留されたそうだ。
死ぬような思いをして帰ってきたら、実家では死んだことにされており、最初の晩は本人だと信じてもらえずに家に入れなかったらしい。
担任の父親がいた部隊では、冬になってシベリアに移送させられたが、抑留中より移送中の方が死者が多かったそうだ。
寒さを防ぐために一塊になって寝るが、毎朝、塊の外側から順番に凍死しいて、目を覚ますと死体に囲まれていたそうだ。
シベリアでは飢え死にしかけていた所を、現地のロシア人から貰った食べ物で助かり、よく「ソ連は嫌いだがロシアは好きだ」と言っていたとか。

ところで抑留と一口に言っても、地域やラーゲリ、仕事内容、時期などで待遇は千差万別だったらしい。
知り合いのロシア人が言うには、当時、ソ連側もこれほどの捕虜が出るとは思っておらず、70万人も受け入れる体制が整っていなかったんだとか。
概ね、都市部のラーゲリでは規定通りの給与が与えられ、地方に行けば行くほど酷くなっている。
そもそも、ソ連にしても大戦で最大の穀倉地帯のウクライナが大被害を被っており、国民が飢えていた。
実際、ある抑留者の証言では受け入れ体制が整い、ウクライナが復興した抑留後半には給与が増えて、空腹ではあったが飢えるほどではなくなったそうだ。

抑留者の死には不可抗力の面もあるにはある。
ただし、だからと言って許されることではない。
そもそもソ連が戦後も抑留せずに、終戦と同時に捕虜を解放すれば皆死なずに済んだ話だ。
まあ、ロシア側もすでに正式に謝罪しているし、過去を蒸し返すよりは、ロシアとは建設的な付き合いをしたい。
もちろん、抑留を忘れる気はないが。
Posted by at 2012年05月03日 16:27
いかにナチスドイツが強いかがよく分かる
ドイツのソ連への侵攻は日本にとって計算外。中国の支援と資源包囲網を先導する米国を牽制するために日本はソ連、独での協調を期待した。それが独により破られた段階で戦線の距離感など形骸化した同盟は直ちに破棄しソビエトとの協調を優先すれば状況は大きく変わっていたんでないか?単独で暴れるのは無理がある
Posted by at 2012年05月03日 17:15
日本はすでにノモンハンでソ連と戦って多くの損失を出していたし(本国主導の総力戦ではなかったが人的被害も多かった)、停戦後にせっかく結んだ中立条約を覆す気はなかったんじゃなかろうか
ちなみに独ソ不可侵が結ばれたのがノモンハン紛争の最中じゃなかったかな
Posted by at 2012年05月03日 17:21
遺骨収拾って今どうなってんだろ…。菅は政治利用の為に、硫黄島の旧日本兵の遺骨収拾を再開してたけど、戦後70年近く経った今も日本に帰ってこれない英霊達が悲しすぎる。たまに海外から旧日本兵の霊を見たという情報がくるけど、いまだ現地で戦い続けてるのかと思うと胸がいっぱいだ。早く連れ帰って仲間達が待ってる靖国神社で休ませてあげたい。
Posted by at 2012年05月03日 17:27

ロシアと仲良くするメリットがない。
個人的にはロシアから島全部奪って、太平洋から追い出したい。
中国と組んでロシアと戦争したい。
Posted by at 2012年05月03日 17:28
中国と組むだって!?
奴隷になるの間違いだろw
Posted by at 2012年05月03日 17:42
そもそもアジアで起こった戦争とヨーロッパで起こったくだらん戦争を一緒にするなっていう・・・
Posted by   at 2012年05月03日 17:52
奴隷とまでは行かないかもしれんが、わざわざ孤立しているチャイナと組むとかリスクやばすぎww
最悪の場合、米露印台東南アジアに挟み撃ちされるでww
その選択はアホの極み
Posted by at 2012年05月03日 17:53

中国と組むとか何考えているんだ?
日本はむしろロシアと組んで中国を牽制するべきだ。
ロシアだってそれを望んでいる。
領土問題だって条約の解釈の問題で、妥協の余地はある。
シベリアやウラルの地下資源は魅力的だし、経済的にもロシアはこれから成長する余地がある。
中国は、これからはバブル崩壊が待っているだけだ。
Posted by at 2012年05月03日 17:53
つーか今は日本の同盟国は、アメリカだから。よってロシアも中国も敵。中国はまあ……同じアジア人だし、少し情が入るけどロシアはどうでも良い。同盟関係ってのは中国には向いてないよ。日本の気質にあってるのは、なんだかんだ言ってもアメリカかイギリス。中国と同等の関係を築くのは日本だけじゃなく他の国も無理。中国は自分以外を下にしかみないから。
Posted by at 2012年05月03日 17:55
エースコンバット5を思い出した
「運に恵まれぬ彼らに 勝利が続くはずはない」
ドイツの没落を見るとすごく切なくなるね
小国だったドイツが膨大な土地を手に入れて戦争に負けて元の小国に戻っていくなんて悲しすぎる
Posted by at 2012年05月03日 19:57
>アメリカ合衆国
もし、次の戦争があるならば、我々はスイスに侵攻し、全ての銀行家を消滅させなければならない。その方が戦争よりもはるかに利益になる。

アメリカ人の模範解答だな
Posted by at 2012年05月03日 22:32
ドイツは勝手にソ連と不可侵結んだり急にそれ破って侵攻したりと協調性ゼロだが
それにしても日本の真珠湾攻撃は圧倒的に頭おかしいわ アメリカ参戦が枢軸側の敗北を完全に決定付けたと言っていい
真珠湾攻撃の報を聞いたときチャーチルとルーズヴェルトは歓声を挙げヒトラーとムッソリーニは絶望して頭を抱えただろうね
Posted by at 2012年05月03日 23:17
真珠湾攻撃する前からアメリカには色々ちょっかい出されてるからね。ABCD包囲網やられ、ハルノートを提示されちゃ戦うしかないじゃん。元日本兵も語っているように、アメリカとはいつかは戦わなきゃいけなかった。日本が満州国をつくった事でもアメリカとかなり争ってたし。それにルーズベルトの日本人嫌いは相当酷かった、アメリカ人ははっきり言ってユダヤの事でドイツを責められないくらい日本人差別を堂々と行ってた。
ちなみにヒトラーは頭を抱える所か喜んでたよ。日本に続いてアメリカに宣戦布告するくらいには。
Posted by at 2012年05月04日 01:36

よくルーズベルトは公約の縛りがあって云々って
言うけど、日本海軍は南進すればルーズベルトは公約を破棄してでも参戦するだろうと予測していた。
だから先手を打って太平洋艦隊を壊滅させようとした。

日本の参戦にヒトラーは狂喜乱舞したな。
「我々は過去三千年間不敗の援軍を得た」とか演説してた。
買いかぶり過ぎだけど。
ホント、ドイツって同盟国に恵まれないな……。
Posted by at 2012年05月04日 01:58
ヒトラーって日本の悪口言ったりベタ誉めしたり結局日本の事どう思っていたのかよく判らない。日本人の事をあの時代の中でよく理解してくれてた事は嬉しいけど。ただ昭和天皇はあまりヒトラーやムッソリーニなどは好きではなかったらしいけど。昭和天皇の人柄をみればわかるようにアメリカ寄りだったし自然や平和を何より好む方だったから、合わないと言えばそうかも。
Posted by at 2012年05月04日 02:25
そもそも、三国同盟には自動参戦義務は無かったんだが。
正確には条文はあったが、独伊の戦争に巻き込まれることを嫌った日本の要望で、三国の間で締結と同時に自動的に死文化するという密約が交わされている。
だから日本は当初、英仏やソ連に宣戦布告しなかったし、ドイツもそれに対し文句を言わなかった。
日本からしてみれば地理的にも独伊とは離れているし、政治思想的にも合わない。自動参戦義務は死文化で、実効性のない形だけの同盟だった。
ただ単に米英を牽制したかっただけ。

ドイツにしても日米戦は無視するという選択肢はあったと思うが、なぜ対米宣戦布告したんだか。
Posted by at 2012年05月04日 06:30
かくすれば、かくなるものと、知りながら
やむにやまれぬ、大和魂
Posted by PINOY at 2012年05月04日 08:10
真珠湾攻撃が馬鹿なんじゃなくて、アメリカと戦争せざるを得ない状況に突き進んだことが馬鹿すぎるんだよね
Posted by at 2012年05月04日 08:23
当時の近衛文麿内閣は鳩ポッポと同レベルの馬鹿内閣
ドイツとの共闘なんて決断は無理
アメリカにハル・ノート付きつけられて東條内閣が誕生したのはその後だ
Posted by ” at 2012年05月04日 08:38
東條内閣が発足する前からアメリカから経済制裁くらってるし、他の国との資源交渉もアメリカに邪魔されてる。中国を援助して日中戦争を泥沼化させる事で得をしていた国があった。
アメリカがなんであそこまで中国に肩入れしてたのかわからん。ルーズベルトが残した数々の名言をみると悪魔にしかみえないんだが。日本の不幸はアメリカの大統領がルーズベルトだった事だろう。
Posted by at 2012年05月04日 13:28
あんま詳しくなかったけどドイツすげーな
ヨーロッパほぼ制圧してるんだ
Posted by あ at 2012年05月04日 15:37
うむ。東条が元凶のように扱う連中が多いが実際には天皇家の血筋で貴族の近衛文麿内閣にその原因がある。もちろん責められた挙句に青酸カリを飲んで自殺した。
Posted by at 2012年05月04日 16:21
結局いつもアメリカの欲の所為で大混乱になる
Posted by . at 2012年05月04日 17:51
終わった後からならどうとでも言えるもんねー。
Posted by at 2012年05月04日 18:16
こういう事実がバレないように戦後アメリカとイギリスは小細工した訳だしね。大東亜戦争を太平洋戦争に変えるくらいに。
Posted by at 2012年05月04日 18:42
大東亜戦争が、欧米諸国のアジア侵略の結果だといつになったら学校で教えるのかな。まわりを欧米諸国の植民地にされたら、次は日本が狙われるんだよ。戦前のアジアの状況はGHQが焚書扱いにした7千冊以上の書物に書いてある。東京裁判の問題は、罪があったからではなく、裁判をしたから罪があったと錯覚させたところだ。
Posted by at 2012年05月04日 20:39
シベリア抑留は、北海道が取れなかった腹いせもあるらしい。
ソ連は8月15日に日本が降伏宣言した後、22日になって北海道に進行を企てた。
ここで生き残りの北海道駐留部隊が、降伏せよという勅令に背く覚悟で
死力を尽くして奮戦したお陰で、国境が津軽海峡にならずに済んだ。
Posted by   at 2012年05月04日 21:09
日本はひたすら対英仏にしぼって戦うべきだったのではないかな。世論を味方につけられなければアメリカの参戦は遅くなったはず。
その間にアジア・アフリカの英仏勢力圏を制圧、その余勢をかって欧州に艦隊を派遣し、英国本国艦隊を撃滅せしめ、大西洋と地中海の制海権を掌握すれば同盟国の勝利に寄与できたはず..火葬にも程があるか...
Posted by at 2012年05月06日 22:25
腹いせというか米に北海道もらいますよ?と打診したら米が猛反対。んじゃ捕虜50万人もらいますね?
米「無言」これで米ソ合意で万事決定
Posted by at 2012年05月07日 10:48
いや、そもそもこの戦争自体アジア地域の植民地支配をどうにかするためのものだったしその目標は達成された
敗戦によって韓国・北朝鮮という歪で不完全な国を後の世に産み出してしまった罪もあるけど
そうでなければもっと不利な状況で第2次大戦が始まっていたかもしれないと考えると
この結果を踏まえた上でもこのタイミングで正解だったんじゃないかとも思える
Posted by at 2012年05月08日 23:29
↑もう少し歴史学んだ方が良いと思います。
Posted by at 2012年05月14日 20:57
遅すぎるが、まったくの誤りというわけでもないよ。
上層部は国益、一般国民はアジア解放。
両方日本の目的であり、どちらが建前でどちらが本音ってことはない。
Posted by at 2012年09月27日 23:03
>知り合いのロシア人が言うには、当時、ソ連側も>これほどの捕虜が出るとは思っておらず、70万人>も受け入れる体制が整っていなかったんだとか。

おいおい。
1)終戦時、日本軍は満州、カラフト、中国大陸  にいたんでソ連領にはいなかった。
2)不可侵協定を一方的に破り日本軍と日本人を  攻撃してきたのはソ連軍。

降伏を受け入れた日本軍人数十万人をソ連領に、どのような国際協定に基づき拉致できるのだ?

あのソ連軍が捕虜の数を知っていれば収容所を拡充して充分な食事を与え凍死しないで済むような防寒具や毛布を充分にあたえた?

ソ連軍の残虐性をしらないのか?あんなやつらが抑留した捕虜を人道的に扱う訳なかろうが。

*抑留中、洗脳されて帰ってきた一部の軍人はソ連を称賛して共産主義プロパガンダの一翼をになったらしいが。

なんかコメント主の無知に腹がたった。
Posted by at 2013年04月20日 02:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]