2016年10月10日

海外の反応 日本のフィリピンへの軍事支援は準備が整っている - Japan is ready to help the Philippines to Modernize its Military -


日本のフィリピンへの軍事支援は準備が整っている
- Japan is ready to help the Philippines to Modernize its Military -
(作成 フィリピン)

http://www.youtube.com/watch?v=HhycHKrj4Bc


作者のページ
military2military - YouTube

イギリス(26歳)
中国空軍だ。
 
フィリピン(16歳)/動画作者
(上記のコメントに対して)
違う。これは日本空軍だ。機体に日の丸が描かれているじゃないか。中国空軍機は赤い星のマークで真ん中に二本のリボンが描かれている。


中国空軍の国籍マークです。
 
フィリピン(18歳)
このビデオは正しいと思います。日本と共同で軍事行動とるべき時です。
 
フィリピン(16歳)
(上記のコメントに対して)
中国は日本の南の諸島も自分の領土だと主張しています。
 
フィリピン
フィリピン軍は軍事力としては論外ですが、戦闘経験と勝利者としての余韻は持っています。
 
フィリピン(15歳)
ワオ!凄いビデオだ!
 
フィリピン
悪いが、日本には、軍事力を展開するためには多くの制限がある。第2次大戦後の新憲法においては、軍隊さえ保有してはいけないことになっている。ビデオの中の軍隊は自衛隊と呼ばれているものだ。しかし、それはイミテーションではなく、非常に完備された強力な軍隊だ。もし、彼らが我々を助ける場合があるとすれば、彼らの軍事力は非常に充実しているので、彼らが世界の警察であるという意思をもった場合だけだ。
ではあるが、私が思うに、もし、支援するとすれば、財政的な援助は可能であると思う。
 
フィリピン(23歳)
中国には日本とフィリピンの協力関係に対抗する力はない。日本はフィリピンを支援することは、日本自身の利益に繋がることを十分承知している。フィリピンには日本とその他フィリピンを支援しようと考えている国々が付いている。もし、日本と中国が戦争となれば、フィリピン軍は日本軍を支援する。どんな事が起ころうとも、自由のために戦う!
 
フィリピン(18歳)
日本も中国とは問題を抱えている。以前、中国漁船が不法に日本の領海内に侵入し、日本の海上保安庁は中国漁船を拿捕した。
日本は尖閣諸島で戦っているし、南シナ海及び南沙諸島全体が中国の領土になってしまう事は、日本にとっても非常に重要な問題であるはずだ。
 
アラブ首長国連邦(38歳)
戦争になるまで待ってられない・・・。
 
フィリピン(20歳)/イギリス在住
私はフィリピン人です。これが私が日本を大好きな理由です!
 
スイス(27歳)
我々には中国を恐れる理由なんて何もありません。中国が唯一持っている同盟国は餓死寸前の北朝鮮だけです。日本はすでに再軍備されており、韓国の軍隊も近代化されています。米第7艦隊にいたっては、単独で地球の人口の半分を一掃出来ます。
 
オーストラリア(30歳)
その時が来たのだ。我々はアジアの隣人を支援しなければならない。支援する時が来たのだ。日本の行動は正しい。
 
フィリピン(22歳)
日本は、もう最高だ!
 
オーストラリア(34歳)
中国に平手打ちをかます時が来たのだ。彼らはほとんど出来損ないの病人だ。他の国に出てこないように、彼らの元の領地内に蹴り込んで押しとどめてしまえ!
 
フィリピン(23歳)
中国は世界の犯罪者だ。特にアジア諸国にとっては極悪人だ・・・。
 
インド(30歳)
日本は最高だ!
インドから親愛をこめて。
 
フィリピン(21歳)
私はフィリピン人です。日本と一緒に戦うことが出来るなんて、私にとってはとても名誉なことです。
日本を永遠なれ!!!万歳!!!
 
カナダ
ちょ、ちょっと待ってくれ。日本は昔、フィリピンを侵略しなかった?第2次大戦の時に?
 
フィリピン
(上記のコメントに対して)
それは世界征服を考えていた時代の遠い昔の話だ。
今の日本とフィリピンは非常に関係の良い同盟国だ。
 
フィリピン(25歳)
ありがとう、日本。

ドイツ
アメリカは第2次大戦において、日本を忘却のかなたに送り込んでしまった・・・。しかし、彼らは太陽が昇るごとく蘇ってくる・・・。
 
イギリス/フィリピン系
THANK YOU JAPAN :)
 
フィリピン
(上記のコメントに対して)
日本とフィリピンは「THE COUNTRY OF MONKEY」である中国と戦う準備は出来ている。
 
アメリカ合衆国/フィリピン系
中国は世界の全てが欲しいと言っているのだ。
 
フィリピン
過去の事が忘れられないという意見も正しいかも知れないが、時間が傷を癒した筈だ・・・。フィリピンと日本の両国は再び手を取り合う時がやって来たのだ。
 
デンマーク
ワオ、日本軍は第2次大戦よりも、はるかにハイテクになっているね。
Go Japan.
日本の権利のためには戦うべきだ。
 
シンガポール
(上記のコメントに対して)
日本はアメリカと非常に良く似た装備を使用しています。
現在日本が保有していないのは、ステルス戦闘機と核ミサイルだけです。
日本は現在、900両以上の新鋭戦車、300基以上の対空システム、30隻以上のミサイル駆逐艦、20隻以上の新鋭潜水艦、250機の日本バージョンのF-15(F-15J、f-15DJ)を保有しています。
アメリカはアーレイバーク級駆逐艦を運用していますが、日本はこんごう型を20隻保有しています。
日本は1990年にはアメリカと同等のハイテク軍となっていますが、ただ、自衛隊の人員は30万人と規模は小さいです。


訳者注
数値の間違いがかなりあります。
 
フィリピン
まぁ・・・、日本はアジアのほとんどの国の以前の征服者なんですけどね。でも現在は中国の貪欲さに対抗する戦いを開始しています。
 
アメリカ合衆国
中国の悪徳の意志に対して、日本がフィリピンを支援する事は良い事です。
 
アメリカ合衆国
BANZAIII !!!!!!!!!
 
フィリピン
偉大な国である日本はフィリピンの長年の友人であり、フィリピン共和国の同盟国です。日本政府は我々の国が征服されることを決して放置しません。日本政府と日本の人々に神のご加護を。大日本帝国、永遠なれ!!!
 
フィリピン/同じ人
日出づる国として知られている偉大な国である日本は、過去には「東洋の真珠」として知られていたフィリピンを喜んで支援してくれるでしょう。日本政府に拍手を送りたいです。
 
フィリピン
日本はこれまでの間違いであった方針を変更しました。
フィリピンへの支援を感謝します。
このアジアの2国は人々の権利のために戦う事を優先させます。
日本の全ての人々に神のご加護を。
 
アメリカ合衆国/フィリピン系
yay!! go japan and fillipins.
勇気付けられます。
 
フィリピン
日本は専守防衛ですが、中国の行為は日本に再軍備を促す事になるでしょう。中国はおろかどんな国も日本の再軍備を非難する権利はありません。日本は近隣諸国の動静を読み取っています。近隣諸国をコントロールし、征服さえも可能です。歴史は繰り返し、中国は敗北する事になるでしょう。
 
フィリピン
Domo Yuroshiku Nippon Gambare !
Arigatuo Gozaimashita.
 
アメリカ合衆国/中国系
どっちにしろ、中国はフィリピンと同じくらい愚かな国ですよ。
アジアで唯一賢い国は日本だけです。
 
イギリス
第2次大戦後、私は「思いやり」というだだそれだけで、日本という国が好きになりました。中国はその貪欲さで嫌いになりました。中国は自分の領土でなくても、お構いなしにどこでも侵略しようとしています。
 
アメリカ合衆国
(上記のコメントに対して)
君に全く同意する!!
 
フィリピン
DOUMO ARIGATO JAPAN !!
 
トルコ/フィリピン系
AREGATO JAPAN
 
フィリピン
(上記のコメントに対して)
「Arigato」だ。
 
アメリカ合衆国
アメリカ、フィリピン、イングランド(英国)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、ベトナム、フランス、スペイン、オランダ、インドネシア、マレーシア、シンガポール、インド、北大西洋条約機構
VS
中国、ロシア、北朝鮮、ドイツ、アルカイダ、タリバン、グアム
だ。
中国とそれに組する国はこれらの全ての国と戦う事になる。中国は本当に我々と戦うつもりなのか?中国に勝つチャンスがあると本当に思っているのか?
 
フィリピン
(上記のコメントに対して)
ドイツ??
ドイツはイギリスと同様に我々の味方だ。
 
フィリピン
(同じく上記のコメントに対して)
グアムって??
グアムはアメリカでしょ。
 
フィリピン
domo arigato.
 
フィリピン
日本はどうもありがとうございました。


訳者注
原文のまま。
 
フィリピン
私はPHから我々の同盟国となったために日本大好き。 AREGATOH JAPAN

訳者注
原文のまま。PHはフィリピンです。
 
フィリピン
日本が我々を支援してくれる。
YESSSSSSSSS AREGATO JAPAN ..... ^_^
 
フィリピン
Domo arigatou gozaimasu !
 
フィリピン
General heika BANZAI !
Jieitai、凄っ!



posted by 虚空に踊らん at 19:36| 東南アジア・朝鮮半島