2016年10月07日

海外の反応 拡大する中国の海洋覇権の要求 - China's Expanding Maritime Claims -


拡大する中国の海洋覇権の要求
- China's Expanding Maritime Claims -
(作成 ストラトフォー 米国民間情報機関)

http://www.youtube.com/watch?v=h0qXl1n3DNE


作者のページ
Stratfor ストラトフォー(米国民間情報機関) - YouTube

クロアチア−A
中国は圧力をかければ、何でも要求通りになる事を知っている。いたって単純な事だ。
このままでは、アメリカの影響力とその同盟国の信頼が損なわれる事になる。そしてこのまま行けば、北朝鮮は中国にとっては完全に火薬庫の状態になるだろう。
 
カナダ−A
アメリカはもっと強い姿勢をとる事が必要だ。ひとつの単純な方法としては、中国からの輸入品に重関税を課すことだろう。関税を課すことによって、アメリカ国内の産業には有利になるし、中国の軍事拡大の資金を減らす事が出来る。
 
カナダ−B
この問題はフィリピンにも日本にも関わっています。アメリカはこの問題で、実際の行動をとる上で、はったりが多すぎました。そして、中国は事実、はったりだと言っています。
 
アメリカ合衆国
(上記のコメントに対して)
私ははったりでない事を、彼らに見せてやる事を願っています。
 
香港
ストラトフォーはアメリカ政府に買収されているのか?
視聴する人に偏った情報を与え、扇動するレポートだ。
 
クロアチア−B
(上記のコメントに対して)
お前、中国のスパイか?
 
スウェーデン
中国の戦略は今すぐにでも実行に移される可能性があります。しかし、中国が実際に行動すれば、周辺諸国の全てを敵に回すことに事になるでしょう。
 
アメリカ合衆国
中国が最近戦った戦争って何だっけ・・・?
だいいち、勝った事あったっけ・・・?
 
アメリカ合衆国
ワオ、タイムリーなニュースだね。この2日間、海軍に入隊するかどうか考えていたんだ。
 
ニュージーランド
なかなか良い分析だね。
 
イギリス/中国系−A
南シナ海は中国の領土だ。フィリピンの「monkey」やベトナムの「gook」はこの事実を知るべきだ。
 
トルコ
(上記のコメントに対して)
こいつは人種差別主義者の単なる馬鹿だね・・・。
中国の現在の経済力は、西側諸国や日本の市場に安価な商品を販売する事によって成り立っている事がまるで理解できていないね・・・。
 
フィリピン
(同じく上記のコメントに対して)
共産主義者が捏造している地図は、それを証明することが出来るのか?
 
イギリス/中国系−A
(上記のコメントに対して)
ちっぽけな奴隷の国が何を言っているんだ。だったら、お前はどんな証拠を持っているんだ?
「XXXXX」


訳者注
以下、不適切な差別発言なので省略。
 
アメリカ合衆国
(上記のコメントに対して)
知能レベルが良くわかるコメントだね。
 
オーストラリア
(同じく上記のコメントに対して)
ワオ、本当に言い過ぎです。こんな差別的な発言は絶対にするべきではありません。こんな事を言うなんて、君はとんでもなく恐ろしい人だ。
 
ロシア
fuck china
 
アメリカ合衆国−★1
フィリピンと他の東南アジアの諸国は対中国の軍事同盟を形成すべきです・・・。日本、韓国、オーストラリアも・・・。アメリカの軍事支援無しでも維持出来る東南アジア諸国の軍事同盟が必要です。
 
カナダ
(★1のコメントに対して)
それはちょっと彼らには無理だな・・・。東南アジア諸国は弱体すぎてそれに準備も出来ていない。多分、ベトナムは中国を押し返す事が出来るかも知れないが、他の諸国は経済力だけでも簡単に征服されてしまいそうです。だいたい、中国が持っている米国債権はどうするんだ?
 
イギリス
(上記のコメントに対して)
君はベトナムを過大評価しすぎだし、他の東南アジア諸国を過小評価しすぎです。中国は戦略的目標を達成するためには、アメリカが行ったようにベトナムを占領する必要はありません。過去の世紀においてベトナムがフランス、アメリカ、中国の侵略に対して優位に立ったのはこの3国がベトナム本土を占領しようとしたためです。ベトナムの地形は独立を守るためにゲリラ戦を展開するには適していたからです。
 
アメリカ合衆国
(★1のコメントに対して)
明らかに君は東南アジア諸国の軍事力を全体像として把握していません。確かに、発展途上国の軍事力は能力を向上し、良く訓練もされています。しかし、近代化されたとは言え、中国の軍事力に対抗する事は望むべくもありません。これは東南アジア諸国に何らかの軍事的合意があったとしてもです。日本は、ASEANと連携する事で中国と対抗しようとしていますが、最終的にはアメリカの支援を必要としています。ちなみに、南シナ海におけるアメリカの介入は、アメリカ自身の利益にも繋がります。
 
アメリカ合衆国
東南アジア諸国、日本、韓国、ニュージーランド、オーストラリアを総合すれば、320万の軍事力と398万の予備役、軍事予算全体は1500億ドルになります・・・。これはアメリカの軍事支援が無くても、中国の侵略に対して十分な対抗勢力と抑止力になるのではないでしょうか。



posted by 虚空に踊らん at 13:12| 尖閣諸島問題